施設概要

About施設概要

ホール概要

施設名称 TACHIKAWA STAGE GARDEN
開館 2020年4月オープン
設置者 株式会社立飛ホールディングス
設計者 株式会社山下設計
施工者 株式会社大林組
延床面積 12,142m2
客席数 2,448席(着席) 1Fスタンディング利用時 2,940人(予定)
平土間 660m2
屋外ステージ 580m2 収容人数 628人(予定)
バックヤード設備 1F:小楽屋/2室 中楽屋/1室 楽屋事務所 楽屋ロビー
2F:中楽屋/2室 大楽屋/2室 グリーンルーム シャワールーム 洗濯室 喫煙室

舞台

• プロセニアム高さ 16m
• 間口 21.6m
• 奥行き(舞台框〜ホリゾント幕) 13.7m
• ステージ高 1.2m

客席(1階客席平土間部分)

• 高さ(1階客席レベル〜キャットウォーク下端) 15.2m
• 奥行き(舞台〜後方客席ブロック先端) 28.71m
• 幅(客席上下ブロック間) 23.11m

創造を刺激する、
ハイブリッドな空間をめざして。

  • 1.POPSコンサートを中心としたホールツアーに最適な規模
  • 2.スタンダードを押さえつつ、最新の演出が可能な舞台特殊設備
  • 3.多摩地区初の民間大型ホールで制約のない運営スタイル
  • 4.コンサート以外にも、「MICE」や「展示」にも対応
  • 5.客席が外とつながるハイブリッドホール
  • 6.「登れる」「覗ける」「入れる」施設

高性能なメインスピーカー

ライブ利用に十分な性能のメインスピーカーを備え、更に別途持込みスピーカーの利用も可能です。

スピーカー位置の高さ・幅→自由な調整が可能

メインスピーカーの他に持ち込みスピーカー昇降装置を備えています。さらにどちらも間口調整のスライド機構を完備し、イベントによって自由な設定にてご利用いただけます。(8間から12間目安)

屋外一体利用まで想定したスピーカーシステム

屋外にもメインスピーカーと連動する高性能なスピーカーを常設し、舞台上の音を屋外まで届けることが可能です。

用途によって拡張可能なインフラを完備

移動型調光器を主体として、ハロゲン・LED器具ともに対応しています。移動型調光器の持込みによって、さらなる拡張も可能です。

多用途に対応した舞台機構設備

ホールツアー、音楽ライブをメインに、演劇・講演会といった舞台利用をはじめ、更に1階客席を平土間利用する場合も想定した昇段設備を備えています。

舞台・客席・屋外利用に配慮した電源計画

舞台のみならず、客席や屋外に対しても十分な電源・信号線を備え、様々な利用・演出に対応可能です。

利用イメージ

パターンA

パターンA

パターンB

パターンB

パターンC

パターンC

パターンD

パターンD

パターンE

パターンE

パターンF

パターンF

360 virtual Viewingバーチャル内覧

※最新バージョンのブラウザでご利用ください。ただし、閲覧環境によって正常に動作しない場合がございます。

※こちらのコンテンツはYouTube 360°動画を使用しております。YouTubeでの視聴はこちらをご覧ください。360°動画にならない場合は、YouTubeアプリでご覧ください。

※こちらのコンテンツはGoogle VR View for the Webを使用しております。詳しくはこちらをご覧ください。